ウクライナにロシア語留学ってどうなん?

なんか適当にウクライナ留学について語ってます。

ウクライナの日本語授業風景

f:id:cazzodimerda:20171006214457j:image

こんにちは!

今回は大学の日本語授業に参加してきましたので、その事について書いておきたいと思います。

 

上の画像にあるように学生たちは「みんなの日本語」という その界隈では有名な本を教材と使っています。

新品の本などは手に入りづらいらしく皆コピーされた本で勉強していました。

このへんはどうなんですかね〜。やはり著作権とか考えると本物を買ってもらったほうがいいんでしょうが、売ってないものはしかたないし…それに日本語を学んでいればそのうちに日本に行く機会はあると思うのでその時にお金は落としてくれるので先行投資と考えるのか…

 

f:id:cazzodimerda:20171006214507j:image

一年生用ということが書いてあり、これは図書館で借りている本であることが分かります。

f:id:cazzodimerda:20171006214527j:image

今回の授業内容は車が何台だとか、切手が何枚、りんごがいくつという風な数詞について説明していました。

f:id:cazzodimerda:20171006214517j:image

みんな真面目に勉強していました。ウクライナ語で授業を行なっているので、ほんの少ししか分かりませんでしたが良い体験ができたと思います。

 

ちなみに男女比率なんですが、圧倒的に女性が多いです。

男子学生は3人いたんですが、隅に追いやられて?いました笑

 

 

 少しここで書いておきたいのですが、ウクライナという遠く離れた国でも日本に興味を持つ人間は多くいます。ただし、現在私の体感としては中国語を学ぶ学生の方が多い印象を受けました。

 うちの学校にも孔子学院(中国政府が資金援助をしているという意味)という印がありますし、実際東方言語用のの建物内の最上階を中国風に装飾して、中国という国を大いに宣伝しています。学内では中国関連のイベントが何度も行われていますし、つい最近も何かしらのコンサートがありました。

日本の大使館が先導してキエフでも日本のイベントなども開いているは知っていますが、私としてはうちの学校の学生達に色々な支援をしてくれればなぁと思います。

クールジャパンとかいうどう考えても民間に後乗りなのとかはいいんで、ちゃんとした所に支援というか援助をした方がいいんじゃないですかねぇ。

マクドより、中華レストランより、コリアンレストランより寿司屋のほうが数が多い国で日本語を学ぶことが他の極東言語より環境が微妙ってのは悲しいことなんじゃないでしょうか…

 

んじゃまたパカパカ〜 

 

キエフのゲストハウス ホステルオリムピスキー

f:id:cazzodimerda:20171005014910j:plain

こんにちは!

最近どんどんキエフも寒くなってきて、風邪ひいてました。

もうすでに気温は一桁台です…

んで、気づいたらなんか最近いきなりこのブログに来訪者が増えててびっくり(笑)

 

なんとかブログの更新をってことで、とりあえずは今住んでるホステルについてでも書こうかと。

 

 住んでいるホステルは「ホステル オリムピスキー」 一泊130グリブナ(五百円程度)

f:id:cazzodimerda:20171005020033p:plain

地下鉄青線の中心地「独立広場」通称マイダンから2駅離れた「オリムピスキー駅」の近くにあります。

f:id:cazzodimerda:20170918215003j:image

近くの通りはこんな感じ、ウクライナは路上駐車とかがめちゃくちゃ多いです。

 

f:id:cazzodimerda:20171005020031p:plain

※画像はグーグルから

入り口は裏側にありますので角の薬局の横のバーガーショップの左手にある通路を通り抜けます。

 

f:id:cazzodimerda:20170918214920j:image

通り抜けたら右手に向かい、入り口は右奥の角のドアです。

f:id:cazzodimerda:20170918215017j:image

入り口では部屋番号「41」のみを押すことで電話がつながります。

ハローとかなんとか言っておきましょう。たぶん開けてくれますw

f:id:cazzodimerda:20170918214950j:image

ここが最終目的地

f:id:cazzodimerda:20170918215033j:image

ドアを開けたら階段をちょっと上り、

f:id:cazzodimerda:20170918215051j:image

エレベーターを呼びましょう。

f:id:cazzodimerda:20170918215059j:image

雰囲気のあるボタンを押して六階に向かいます。

f:id:cazzodimerda:20170918215109j:image

ホラーゲームの舞台かな

 

f:id:cazzodimerda:20170918215116j:image

これでもまだ電気が点いてるだけましだったり

f:id:cazzodimerda:20171005020024p:plain

※画像はグーグルから

男部屋はこんな感じで2段ベットが4つあります。f:id:cazzodimerda:20171005020044p:plain

※画像はグーグルから

キッチンは奇麗になっていますがいかんせん人が多い夜は使えないことも多いです。

 

 

 

良い点

おばちゃんがなんだかんだで世話をしてくれる。

ロシア語常に聞こえるので勉強になる。

1週間払いをすると650グリブナ(三千円くらいでいれる)

洗濯代は15グリブナかかるが、干して畳んでから返却してくれるので楽ができる。

メトロまでは歩いて7分くらい。

うち学校から徒歩10分以内で市内の中心に近い。

 

 

悪い点

トイレが1つ、風呂場も1つ

男部屋は8人部屋(全部埋まるのは稀。通常は3〜5人程度)

キッチンも狭いので、料理は簡単なのしかできない。

門限が11:30

タバコを吸うときやビールを飲むときは一旦外に出なくてはいけない。

 

 このホステルは実際ゲストハウスと考えるとそんなに良い条件ではないのかもしれません。ここに来る人々の多くはキエフに出稼ぎに来ており、旅行者とはまた違った人々を見ることができます。おばちゃんも二人が半月交代でここのホステルで生活をしており、毎日顔を合わせる中で仲良くなりました。

 現在近所の大学で勉強をしていることもあり、ここの立地条件は最高です。ホステル内には勉強が集中してできるようなところはベッドの上以外ありませんが、学校内には勉強ができる場所が図書館などにあり、そこで7時程度まで勉強してからホステルに帰る生活を続けています。ハングリー精神を養うには良い場所かもしれません。

 近々アパートを探し始めようとは考えてはいますが、それまではここで沈没でもしていようと思います。

 

んじゃパカパカー

 

ロシア語の日付の言い方 その1

誰得シリーズっ

 

こんにちは

今授業では去年習ったであろう一般的なロシア語の復習をしているのですが、よく考えたら留学ブログのくせにまともにロシア語について書いたことがないことに気づきましたので備忘録も兼ねてここに書いていこうと思います。

 

Дата(日付の)  Вопрос(質問) когда?

 

1. 年だけの場合

в каком году

例  В 1998 г. ⇨ В тысяча девятьсот девяносто восьмом году

вに対応して最後の2つの単語の語尾が変わります。

какомとあるようにШестой падеж(6つ目の格)もしくはПредложный падеж(П. п.)へと変わる。

 

2. 月+年の場合

в каком месяце какого года

例  05. 1999 г. ⇨В мае тысяча девятьсот девяносто девятого года

вに対応して語尾変化が起こるのは先ほど通り、そこに「何年」が入るので年の最後の2つの単語がВторой падеж(2つ目の格)もしくはРодительный падеж(Р. п)へと変わる。

 

3. 日+月+年の場合

(1) какого числа какого месяца какого года

例   7. 07. 1982 г. ⇨Седьмого июля тысяча девятьсот восемьдесят второго года

(2) какого числа какого месяца в каком году

例   14. 08. 2003 г. ⇨Четырнадцатого августа в две тысячи третьем году

なーんかこれは2つとも良さそう。

例えば私が生まれたのは…ってのだと

Я родился … ってなって(1)でも(2)でもいけそうなんだよね。

 

なんかこうやってロシア語もちゃんと学んでますよって見せることで、このブログも高尚に見えるようになって来るんじゃないのか。っていう淡い期待も含めて…

でも、もっと簡単なのから書いた方が良さげ、んじゃパカパカ